設計および設計監理契約書

 

お施主名  (以下甲という。)と請負者名(以下乙という。)

とは、・・・・・・・において甲が建設を予定している・・・・工事に付帯する設計及び

設計監理に関する業務を乙が行うことに対し、以下の通り契約を締結する。

 

〔第1条〕〔委託〕

甲は、本契約に基づき次条に記載する設計および設計監理を乙に委託し、乙はこれを受託する。

 

〔第2条〕〔業務の範囲〕

本契約に基づき乙が行う「設計および設計監理」とは、別紙1に記載する業務をいう。(以下

これら業務を総称して本件業務という。)

 

〔第3条〕〔本件業務の対価〕

甲は本件業務を乙に委託することの対価として、別紙2に記載する金員を、別紙2に記

載する方法により、乙に支払うものとする。

 

〔第4条〕〔秘密保持〕

乙が本件業務の遂行に関連して知り得た甲の業務に関連する一切の情報を秘密として保

持するものとする。本条により乙が負う義務は、本契約終了後も有効に存続するものと

する。

 

〔第5条〕〔違反行為の禁止〕

乙は、本契約の履行にあたって、違法な行為をしないこと及び他人の権利を違法に侵害

しないことを保証する。万一、乙が本契約の履行に関連して、違法行為を行い又は他人

の権利を侵害した場合には、乙は自らの負担と責任において一切の苦情等を処理するも

のとし、甲には一切迷惑をかけないものとする。

 

〔第6条〕〔無体財産権の帰属〕

本件業務を遂行する過程で発生した著作権、意匠権及びその他の無体財産権(その出

願、登録等を申請する権利を含む)は、全て乙に帰属するものとする。

但し、甲は本件業務契約の成果物を自由に使用できるものとする。

 

〔第7条〕〔契約の期間〕

本契約は締結の日から本件業務が終了したと甲が認め、本件業務に関する対価の支払い

を終えた日まで有効に存続する。

 

〔第8条〕〔契約の解除又は解約〕

乙が次の各号のいづれかに該当した場合には、なんらの通知・催告を要せずして、甲は本契約

を直ちに解除又は解約する権利を有するものとする。

1.本契約の定めに実質的に違反したとき。

2.その他、本契約の履行が困難であると認められる状況に陥ったと甲が認めたとき。

 

〔第9条〕〔権利・義務の譲渡禁止〕

乙は、甲の事前の書面による承認を得ずして、本契約から生じる一切の権利及び義務を第三者

に譲渡し又は担保として供してはならない。

 

〔第10条〕〔協議事項〕

本契約に定めなき事項又は疑義ある事項が生じた場合には、甲乙別途協議の上、その解決にあ

たるものとする。

 

 

以上本契約成立の証として、本書2通を作成し、甲乙各々記名押印の上、各自1通を保有する。

 

 

                            平成・・年・月・日

 

 

                     (甲)東京都・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                                

・・・・・・・・・                  

                                  ・・・・・・・・・・

 

                       

 

 

 

                        (乙)東京都・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                    (株)設計工場

                             代表取締役 早田 保博

 

                     

 

 

 

〔別紙1〕

       本件業務の内容及び履行期間

 

1.本件業務の内容

本件の業務は、委託者(甲)の意図に基ずき、調査・検討を行い、基本条件を整えて、基本設計図書

実施設計図書の作成、設計監理行う業務であって、次の内容とする。

・・・・・・・・・・・・・・に工事を予定している施設の計画に関する、

 (1)委託者(甲)意図、目的、基本方針に関する一般的協議、必要資料の調査・検討、

 (2)建築物の現状、諸条件の調査、検討

(3) 関係法令ならびに技術的諸問題に関し、必要に応じて関係官庁や専門技術者との協議及び

  計画の調整、

 (4)基本設計、実施設計、設計監理に関する一切の業務

  (5) 基本設計を示すスケッチ等の作成、

 (6) その他、上記の業務遂行のため必要な業務。

 2. 本件業務の履行期間

   設計は2・・・年・・月・・日までに行う。

〔別紙2〕

       対価の額及び支払方法等

1.対価の額:    ・・・・・・・・・円   (消費税込み)

2.対価の支払時期: 契約時10分の2

           工事開始時10分の3

           竣工時10分の3()

           竣工後10分の2

3.対価の支払方法: 乙が指定する銀行口座に振り込むことにより行う。(振り込み料は乙の負担)

           銀行口座 ・・・・・銀行 ・・・支店 

                普通預金・・・・・・・  口座名 ・・・・・・

           

                                       以   上

               TOPへ戻る